片町線の最後の区間で、木津駅の方が起点になる。京都府南部を通り、非電化時代には見事なローカル線だった。近鉄京都線と並走する区間がある。

関西文化学術研究都市は大阪府京都府奈良県にまたがる京阪奈丘陵で1980年代から開発されている。片町線はその北東部を通る形になり、乗客も増えている。JR三山木駅・下狛駅、祝園駅で近鉄と連絡しているし、同志社前駅と近鉄の興戸駅も近く、興戸駅から同志社大に通う学生は多い。下狛駅からは祝園弾薬庫への引込み線があったが、廃線跡は残っていて、その先に陸上自衛隊の分屯地がある。

電化後は207系電車の4連で運転されていたが、ホームが延長されて20103月改正から7連で運転されている。
同志社前 3qy763
京田辺~同志社前間に古いレンガ造りの隧道がある。これは天井川の下を通っているが、川はすでに無くなっている。防賀川隧道で全長15m。

H23同志社前 1v5783
同志社前駅の横に大きな歩道橋がある。写真の上部左側に近鉄京都線の架線柱が写っている。その先に興戸駅があり、そこから通学する学生が、この歩道橋を歩いていく。

同志社前 3qy758
同志社前駅のホーム。元々は棒線駅だったが、1986年に開業した時はホームも2両分の長さだった。1989年にホームを増設し、当駅折返しの運転も始まった。2010年からは7両編成での運転になり、2番ホームは閉鎖されている。

JR三山木 1kx780
JR三山木駅は昭和27年に上田辺駅として開業した。1面1線の無人駅だった。1997年に京田辺市の市制施行となり、JR三山木駅に改称した。2002年に高架化されて、交換可能駅になる。

JR三山木 4i2500
JR三山木駅は駅前広場を挟んで近鉄の三山木駅と隣接している。元々何もないところだったが、駅周辺の開発が進んでいる。

廃線 、祝園弾薬庫f1907
下狛~JR三山木間に祝園弾薬庫への引込み線があった。廃線跡が確認できる。

下狛 1fx729
下狛駅はスリムな棒線駅。地図でみるとすぐ横に近鉄の狛田駅がある。2010年に延長したホームの南端に入口があるが、ホーム中央部からも出入りできる。

祝園 1h4607
JR西日本の祝園駅と近鉄京都線の新祝園駅が並んでいる。1994年に橋上駅舎と近鉄との連絡橋ができた。

祝園 3f9187
木津側から見た祝園駅の構内。右側に近鉄の新祝園駅がある。

207 ,祝園ix496
祝園駅を出て、近鉄京都線と並走区間を走る207系4連。快速は長尾から木津までは各駅に止まる。

西木津 1gz586
西木津駅は1989年の電化工事で位置が木津駅方面に100m移設されている。簡易的な駅舎がある。

西木津 3gz595
西木津駅は1面1線の棒線駅で、2010年にホームが7両編成に延長されている。

木津 3gz583
関西本線から分かれていく片町線のカーブ。

207 、木津f1910
木津駅に停車する207系電車。木津駅の構内は非電化時代から大きな変化がないが、2007年に大規模な橋上駅舎ができた。駅の東側も開発が進んでいる。