鉄道写真家 岩堀春夫のblog2

鉄道写真を撮り続けて50年以上。ほかにも陸海空あらゆるジャンルの乗物を撮っています。懐かしい記録写真から、最新作までご覧下さい。

カテゴリ:

 この仕事をしていると色々な現場へ行くが、何で行っているのかあまりわかっていない事もある。別の人が発表しているのを見て、ああそうだったのかと思ったりする。  豊津駅が開業100周年だと聞いて、そう言えば行っていたなと思った。それは千里線の100周年ヘッドマー ... もっと読む

 予讃線も多度津を過ぎると海沿いの好撮影地が点在する。しかし、よく行ったのはフイルムで撮っていた頃で、デジカメになってからは行く機会も減っていた。  デジタルで撮るようになったのは駅舎やバス等、そしてスタンプや切符が目的で行くこともあった。このようにし ... もっと読む

 四国の玄関口となった坂出駅から土讃線の分岐する多度津駅まで。瀬戸大橋ができて本四備讃線の開業で大きく変化した区間である。その工事中には何度か取材しているが、まだフイルムで撮っていた。今回は、その後の状態はデジカメで撮りだしてからは撮影回数も減ったし、撮 ... もっと読む

 広島県に府中市がある。何度もネットで調べたが、間違いない。大阪狭山市はどうなるのだ。JRには府中駅があり、福塩線はここで電車と気動車が接続する。このような駅をしっかり撮っておきたいと思っている。  府中駅に行くにはいろいろな経路があるが、岡山駅から吉備線 ... もっと読む

 関西の国電では一番早かった片町線では、まだたくさんの旧型車が使われていて、当時は機関車ファンだったが、片町線の電車も撮りにいっている。クモハ31を追って電化区間の端になる長尾駅まで行き、津田駅まで歩いた。津田駅には給水塔が残っていたが、ここも軍事側線があ ... もっと読む

↑このページのトップヘ