鉄道写真家 岩堀春夫のblog2

鉄道写真を撮り続けて50年以上。ほかにも陸海空あらゆるジャンルの乗物を撮っています。懐かしい記録写真から、最新作までご覧下さい。

カテゴリ:国鉄 > ローカル線

 相変わらず地元の列車や各種乗り物を追っていた。この当時のカメラはオリンパスの一眼レフ OM-1でカラーはコダクロームの時代である。OM-1はコンパクトで高性能というカメラだが消耗が早く3台くらい使って、キヤノンに移行した。  この頃は仲間を集めて海水浴が恒例に ... もっと読む

 歴史は官設鉄道の京都~稲荷から始まる。その後奈良鉄道から関西鉄道を経て明治40年に国有化された。非電化単線の時代が続き、京都~奈良間では近鉄に大きく差がついたが、今は複線化も進んで乗客数は伸びている。電化は1984年である。  関西に住んでいてもあまり関心の ... もっと読む

 安中の専用線を撮ってからは松井田で給油して碓氷峠の旧道を走る。途中で立派なレンガ造りのアーチ橋があり、それを撮影する。アプト式だった旧線の遺構で碓井第三橋梁である。この橋の向こう側に新線が見え、そこを通過する「あさま」も撮っていた。  峠を越えて長野県 ... もっと読む

 明延鉱業の後はまた播但線に戻り、香呂駅まで行った。ここには以前5トン移動機が使われていたが、この頃は高田製の8トン機に変わっていた。しかも、ここでの貨物扱いはこの月で終了するということで、最後のチャンスだった。8トン機は数が少なく、それ程撮っていなかった。 ... もっと読む

 東京から来た鉄道ファンを案内して播但線方面へ出掛けた。その人はナローファンだが国鉄列車も撮るので、両面で満足してもらえるようなコースを考えた。  夙川駅でピックアップして、まずは東海道本線芦屋~西ノ宮間の大師踏切で夜行列車を撮影する。竹藪をバックに「 ... もっと読む

↑このページのトップヘ